Tohl.2008.09.240.320.jpg
是非!、暖かいご支援を!! クリック、クリック (^^; → 人気ブログランキングへ

2009年01月13日

相続時の不動産取得税・登録免許税の納税義務

ちょっと、脱線^^;
友人に相談されて・・・。
土地を相続した場合、まー相続税はわかるけど。。。、
不動産取得税・登録免許税は、どうなるの?・・・って。

相続、贈与、売買と対比させ、以下にまとめました。


1.不動産取得税
・相続・・・納税義務なし<注>
・贈与・・・納税義務あり
・売買・・・納税義務あり


<注:根拠>
地方税法第73条の7「形式的な所有権の移転等に対する不動産取得税の非課税」

道府県は次に掲げる不動産の取得に対しては、不動産取得税を課することが
できない。
(1)相続(包括遺贈及び被相続人から相続人になされた遺贈を含む。)に
  よる不動産の取得。

2.登録免許税
・相続・・・納税義務あり(2009.01時点で固定資産税評価額の0.4%)
・贈与・・・納税義務あり(2009.01時点で固定資産税評価額の2.0%)
・売買・・・納税義務あり

その他の費用としては、司法書士への報酬と税理士の申告料・・・、です。

トップページへ→FP資格、CFP挑戦顛末ブログ
posted by Tohl Nakamori at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・事業継承設計|相続対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。